レビュー PR

【激推】オーディオブック!Audibleを今だけ無料で利用!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
今回はこんな方に向けて
  • Audibleで読書をしてみたい方
  • ゆっくり本を読めないからオーディオブックを試したい方
  • 読書は苦手だけど、有人から読書を進められて困っている方

読書の重要性

多分この記事を見ている方には不要かもしれないですが、読書の重要性は多くの論文で証明されています。

また、1,500円で成功者や自分と異なる人生を歩んできた方の情報を知られる媒体は本だと言われています。

上記のように本の手軽さは、以下の本でも紹介されていますし、一度は読む価値が十分あるように感じます。

【本】1日36万円のかばん持ち―三流が一流に変わる40の心得

著者の小山昇氏は、新米社長に3日間108万円のかばん持ちをさせて、経営の何たるかを教える講座を限定的に行っているのですが、そこで教えている内容を1,000円以下、Audibleなら無料で4時間で聞くことができる。

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

小山 昇
743円(05/23 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

今でこそ、年収800万円

29歳で年収が800万円に到達しましたが、決して簡単な道はなかったです。

社会を知らない大学生が有名な大手食品メーカーに就職して、全国に配属されて、ミスをしない仕組みの上で行うルーティンワークの数々。
(私はミスばっかりしていたので、いつも支店長に謝っていました)

転機はいつだって読書だった

社会人のいろはがわかっていない新卒1年目は、仕事ができないことに対して危機感を感じており、年間100冊以上の本を読み漁り、自分の仕事の領域外はイメージがつかないが、ひたすらインプットしました。
ただし、オフィス仕事やVBAなどのパソコン業務は全く意味不明で仕方なく読み飛ばしていました。

そんな無知な自分でもできる、今までの経験とは異質の体験を読書を通じて学び、実践氏ていました。

【本】ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

読書する中で、ヒッチハイクをするという発想を得ました。

本を読んでいるだけのイメージしているヒッチハイクと、実際に道路でスケッチブックを掲げてヒッチハイクをすることは全くの別物で、恥ずかしさの殻を破るのに、非常に最適だったと今になって思います。

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江 貴文
1,109円(05/23 16:50時点)
発売日: 2013/10/31
Amazonの情報を掲載しています

今では対面の新規開拓はあのときの体験をしてから全く苦ではなくなりました。
しかも、何もない自分に対して車に乗せてくれる人の優しさを肌で感じたことは、別け隔てなく困っている人を助けようとする今の私の根源になっています。

堀江貴文氏の本や通信情報を見るようになった

暗号通貨のアンテナをキャッチしたのは、堀江氏の発信でした。

今となっては一般的な暗号通貨ですが、当時は自分の身の回りでBITCOINや暗号通貨の話をしている人はいなかったです。


それでも情報の取捨選択をして動いたのは、今となって見ると正解だったように思います。
とはいえ、当時は遊びでしたので継続して持ち続けることはなく、ICOの詐欺に引っかかって0.3BTC(当時;2万円程度)を失い、手を引きました。

本屋で8冊以上毎月買い漁る

2016〜2018年の2年間は、ビジネス書を買い漁り、試せることは試したり、関係ない話は読み飛ばしたりで毎月8冊以上を購入!

ビジネス雑誌も隔週で購入して、興味のある場所だけ読んで情勢を把握することを目指していました。

以下の本もその時に読んでいた本です。
当時はリーダーでもないし、イシューなんて知っている周りの人などいない環境で一人で読んでいました笑

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

結局リーダーも同じ社員で、更に上の上司から目標を与えられ進むべき道をメンバーと成し遂げることが求められています。

そのリーダーがメンバーから支持されないのであれば、そのチームでメンバーとして効果的に働くことはできないです。
そんなリーダーのあるべき姿や、なにを重要視すればいいかを学ぶことができる本です。

リーダーは部下と同等かそれ以上に汗をかきながら、だれよりも行動と思考をすることが求められるのです。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

岩田 松雄
755円(05/23 16:50時点)
発売日: 2012/10/10
Amazonの情報を掲載しています

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

古い本ですが、私が本屋ですぐに手にとり一瞬で読み切った本です。
今はもう無料で読めるなんて笑

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

安宅和人
1,782円(05/23 16:50時点)
発売日: 2010/11/24
Amazonの情報を掲載しています

死ぬこと以外かすり傷

箕輪 厚介氏の働き方や表現方法は全然共感できないところがあったのですが、根本のところで成功する道筋的な部分は非常に学べることがあり、実際、自分ひとりが仕事で失敗したところで死なないし、クビにもされない。その程度の会社内の影響力なのであればなんだってやってみたらいいよねって話です。

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

箕輪厚介
1,100円(05/23 18:22時点)
発売日: 2018/08/28
Amazonの情報を掲載しています

これもAudibleで無料で聞ける様になっていました。

最近は本を読まなくなった

旅行をするときに本を持ち歩き、その時の新幹線や電車で読みながら目的地に進むことが多かった、2016〜2018年の生活や仕事内容とは異なり、今はブログ執筆があったり、思考する仕事が大半を占めていたりするため、移動時間や暇な時間も仕事(本業や副業)に時間を費やすことが多いからだと整理しました。

でも、本は自分以外の視点で物語が進む価値のあるもの

冒頭にも話をしましたが、本は1,500円程度で成功者の話を疑似体験できる素晴らしいアイテムである。

今は年齢に対して年収や行っている仕事内容は難易度が高く、求められるレベルも高い。
しかし、いつか頭打ちになる日が来ることもわかっている。

だからこそ、ブログであったり、本業とは別の組織でこなす仕事も並行しているんだ。
でも足りないのは、時間と経験値とわかりきっているから、これからは読書を再開すべきだよね。

年収だけではなく、人生の幅をもたせるための活動が求められる年齢だよねと、今回のブログを書いていくなかで思い出し、内省することができました。

まとめ

仕事一色で、趣味も仕事の私は日々の中で変化をもたせる読書を再開しようと思っています。

今回はAudibleの紹介記事でもあるのですが、実際に読書を通じて私の人生も転職ができて大きく変わった背景もあるので、内容を踏まえて今なら無料でたくさんの本を耳だけで読み漁れることを知らない方に広められたらよいなと考えています。

①本は重要

IT企業に転職して、日々勉強や知らないことに出会い、学び成長。
リーダー役職で困ることもあるけど、良き仲間と働く環境も幸せなことかもしれないです。

社会を知らないときはメーカーで安定した仕事、給与、一生同じ会社という未来を描いていました。

読書を通じて、いろんな選択肢を見聞きして自分で切り開く楽しさを見出しました。

②やっぱり行動しないともったいない

本はたくさんの視点を増やしてくれますが、自分自身を変革することはできない。

自分を動かせるのは結局自分だけ。これは心に刻んでおきましょう。

③ともに支え会える仲間を作る

人間は弱いから、一人ではなかなか前に進めないです。

私も面倒くさがりで、あれもこれもやりたくないという心の弱い人間です。
しかし、ブログも2年続けられたし、SNSなどのオンラインの有人も増えて一人ではなくチームや仲間と一緒に頑張っていると勝手に思っています。

もしこのブログをみて、一緒に読書を再開・始める方はコメントください!私も励みになります。

error: Content is protected !!